人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2021/04/20

新型コロナによる休業時の労働者支援の動き

 新型コロナウイルス感染症(以下、「新型コロナ」という)については、様々な支援策が設けられているものの、企業が助成金の活用を行わないことにより、本来、労働者が享受できる支援が行き渡らない状況も発生しています。そのため、給付金等を企業を経由せず、直接労働者に給付する仕組みの構築が進んでいます。以下では、大企業のシフト労働者等に対する休業の支援と、小学校等が臨時休業になった際の支援をとり上げます。

[1] 大企業にも拡大される休業支援金・給付金
 新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(以下、「休業支援金」という)は、当初、新型コロナの影響により事業主が労働者を休業させたものの、休業手当が支払われない中小企業の労働者を対象に、労働者の直接申請により給付が行われるものでした。この対象が大企業で雇用されるシフト労働者等にも拡大されており、労働契約上、労働日が明確でない人としてシフト制、日々雇用、登録型派遣の人についても支給されることになりました。

[2] 直接申請による小学校休業等対応助成金
  小学校休業等対応助成金は、小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を行うため仕事を休まざるを得ない保護者に対して有給(賃金全額支給)の休暇を取得させた事業主が、休暇中に支払った賃金相当額を受給できる制度です。今回、この基本的な考え方は崩さずに、2020年2月27日から3月31日までの休みについては小学校休業等対応助成金を労働者が直接申請し、2020年4月1日から2021年3月31日までの休みについては、休業支援金の仕組みにより労働者が直接申請することにより給付する運用が開始されました。
 支給対象となるには、以下を満たす必要があります。

  1. 助成金について労働局に労働者から相談があり、労働局から事業主に助成金活用・有給の休暇付与の働きかけを行ったものの、事業主がそれに応じなかったこと。
  2. 小学校等の臨時休業等のために仕事を休み、その休んだ日時について、通常通りの賃金等が支払われていない部分があること。
  3. 小学校休業等対応助成金(個人申請分)および休業支援金の申請にあたって、事業主記載欄の記載や証明書類の提供について、事業主の協力が得られること。
  4. 2020年4月1日から2021年3月31日までの期間の休業支援金の申請にあたり、その労働者を休業させたとする扱いに事業主が同意すること。

 都道府県労働局に「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」が設けられ、労働者からの相談内容に応じて、企業へ特別休暇制度導入・助成金の活用の働きかけ等が行われることになっています。労働者が相談した場合には、労働局から問い合わせが入るため、制度の概要を押さえておきましょう。

■参考リンク
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html
厚生労働省「個人申請について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17144.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




引下げとなる2021年度の年金額と脱退一時金の制度変更2021/04/13
障害者納付金制度の対象企業と新型コロナの影響等で休業した場合の取扱い2021/04/06
確認しておきたい雇入時の健康診断の取扱い2021/03/30
2021年4月より変更が予定されるキャリアアップ助成金2021/03/23
2021年4月から義務化される中途採用比率の公表2021/03/16
トライアル雇用助成金に「新型コロナウイルス感染症対応トライアルコース」が創設2021/03/09
2021年3月分から変更となる協会けんぽの健康保険料率2021/03/02
厚生労働省が推進するコロナ禍での在籍型出向による雇用維持2021/02/23
マイナンバーカードの2021年3月からの健康保険証利用2021/02/16
2020年の障害者雇用は雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2021/02/09
有期契約労働者の雇入れ・契約更新と雇止めを行う際の留意点2021/02/02
新型コロナウイルス感染症に関連する助成金の対象期間等の延長2021/01/26
厚生労働省が公開する新型コロナの拡大防止チェックリスト2021/01/19
在籍型出向による雇用維持支援と産業雇用安定助成金(仮称)2021/01/12
企業の年間休日数は平均109.9日に増加2021/01/05

大きな地図で見る
事務所全景
お問合せ
社会保険労務士法人 若林労務経営事務所
〒510-0096
三重県四日市市中町3-12
TEL:059-351-2111
FAX:059-351-2110
E-mail:
     info@wakabayashi-office.or.jp

 
 
労働・社会保障実務講義
第5講「労働条件 賃金・労働時間」を執筆
第1講「序論 社会保険労務士とは」を共著
早稲田大学出版部

SR第50号
特集1「時間外労働の上限規制」を執筆
社労士専門誌「SR第50号」(日本法令)

SR第48号
巻頭「労働基準法改正と働き方改革」を執筆
社労士専門誌「SR第48号」(日本法令)

ROBINS確認者シール